寺田 真紀夫

てらだ まきお

 

1975年生まれ

ristorante Terada オーナーシェフ。

20歳の頃よりイタリア料理の道に入り、岡山県内数店舗の料理長をしたのち2000年に岡山市 中心地に自身のレストランをオープンする。

自ら生産者のもとへ足を運び、岡山の食材に精通した料理は定評がある。

特に、瀬戸内海の食材を使用した、

穏やかでミニマルな料理の数々は、

「瀬戸内を表現した料理」と評されている。

また、地域と連動した活動や、岡山を発信するプロジェクトを多く手掛ける。

メディアにも多数取り上げられ、岡山を代表するシェフとして県内外から注目されている。

 

2016年 9月に、自身のレストランの拠点を

備前市 日生 頭島(ひなせ  かしらじま)に移した。
瀬戸内海の食材を用い、新しい価値観の料理を「モダン・セトウチ」と銘打ち、瀬戸内の食を発信している。

 

日本イタリア料理協会員

2012年度 岡山アワード受賞

2016年より備前市「食のアンバサダー」を務める
 

 

主な活動はこちら

  • Facebook Social Icon

copyright© terada since2000