「醍醐桜 秋のおもてなし」

11月3日(月・祝)に真庭市 別所地区にて行われる出張農村レストラン「醍醐桜 秋のおもてなし」を今朝の山陽新聞にてご紹介頂きました。 私は岡山県内 様々な食材をレストランで使わせて頂いていますが、現地に視察に行くたびに、各地の豊かな食材、環境、人 に心を動かされます。 そして、いわゆる中山間の魅力を 岡山市内や首都圏で発信すると同時に、その場所に行ってもらうことも とても大事な事ではないかといつも思っています。 今回、地元の皆さんと、地域の魅力を再確認しながらこの地区ならではの「おもてなし」をつくり上げました。 料理はもちろん地元の食材で、この時期旬のものを私が地域の皆さんと一緒につくります。 どうぞ皆さん 別所地区にお越しください! 日時 / 平成26年11月3日(月・祝)1部 11:00~ 2部 13:00~ 場所 / 「くるみの館」 真庭市佐引448-3 料金 / 1人3000円(お土産付き) 申込方法 /  電話予約 申 込 先 /  旧別所小学校区をよくする会 会長 石原敏治 0867-54-0526 まるみ商事(株)内 そ の 他 / 定員になり次第、募集を締め切ります。 予約いただいた方へは案内状をお送りします。 主 催 / 岡山県美作県民局・NPO法人みんなの集落研究所

「豊饒の秋」 岡山フェア

「豊饒の秋」と題した岡山フェアが東京にて始まります! 豊かな岡山の食材をトップシェフに使って頂き、東京のお客様にも岡山のことを知ってもらおうというフェアです。 私は今回、岡山のホストシェフとしての役目を頂きました。 そして先日、広尾アクアパッツァにてメディア関係の方を集めたキックオフイベントが行われました。 日高シェフには実際に岡山まで来て頂き、各産地で農産物ができる環境を見たり、生産者の想いを聞いて頂きました。 テレビ東京のワールドビジネスサテライトでも「食をキーワードに地方活性」ということで取り上げて頂きました。 私は地方の料理人は、その地域の食材を発信していく役割がある といつも思っています。 今回、アルポンテの原シェフ、リストランテ濱崎の濱崎シェフ、ピアット・スズキの鈴木シェフ初め 先輩シェフや、ダ オルモの北村シェフなどの同世代のシェフもご協力くださり、期間中に岡山の食材を使って料理を作ってくださいます。 ぜひ皆さん 岡山の食材を使ったトップシェフのお店にお越しください! http://www.shokubunka.co.jp/okayama/

「かほくイタリアフェスタ」

山形県 河北町施行60周年記念の「かほくイタリアフェスタ」に声をかけて頂き、料理サポートに行ってきました。 河北町はイタリア野菜で町おこしをしています。 十数名での研究会は、長年農業をやっている方から新規就農の若い方まで幅広く、とてもチームワークが良く、お互いを思いやり、刺激しあいながら農業をされています。 初めは、イタリア野菜がどういう形かさえ分からなかったということですが、みんなで協力・激励しあいながら質を高めていき、今では、各野菜が生産が追い付かないほどの需要がある ところまで会を育ててこられたという話は、本当に感激しました。 商工会・各関係者のサポートも大きな支えだと思います。 食事会もお客様に楽しんで頂けたようで本当に良かったです。 関係者の皆さま 大変お世話になりました。ありがとうございました! 少し離れた岡山からですが、河北の皆さんの益々のご活躍を心から応援していますし、またお会いできるのを楽しみにしています!

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Instagram

copyright© terada since2000